NEW POST

旅するアーユルヴェーダ!〜第一弾【2018/4/15郡山WS開催レポ】

b0336361_17534953.jpg

この春は、特に東北地方にご縁があって、アーユルヴェーダ案内人は「旅するアーユルヴェーダ」を実践していました。

第一弾、4/15は福島県郡山市へ。
ヨーガスタジオ「プルシャ」さん。主催のよしのえみ先生にお招きいただいての、アーユルヴェーダワークショップです。

タイトルは
「快適春宣言。自宅でできるアーユルヴェーダの花粉症対策&セルフケア」

春の辛いあれこれを、軽減できるセルフケア法を、スパイスの活用や生活法含めて
お伝えする実践型のワークショップ。
今回は特製ランチ付き。
春にぴったり。
アーユルヴェーディックなスパイスメニューでランチをご用意させていただきました。

食べること、そしてWSで学び、実践すること。
いずれもこの季節のカラダの助けになる、そんなアーユルヴェーダ溢れる1日をお楽しみいただきます。

WSの前に、みなさんとランチタイム。

【この日のランチメニュー】

  • ウエルカムドリンク(高知産無農薬柑橘を使って)
  • エッグマサラ(津久井在来種の自然栽培大豆入り)
  • ドーサ&ポテトマサラ
  • ラッサム
  • インゲンのトーレン
  • 大根のアチャール
  • ココナッツチャトニ
  • レモンのチャトニ(高知産無農薬レモン)
  • スパイス入りバスマティライス

主催のえみ先生に、スタジオからも近い素敵な産直市場に連れて行ってもらいました。地物の野菜を使い、春のコンディション作りの助けとなる「苦味」「辛味」を取り入れて、いつもより少しパンチを効かせて作りました。

召し上がっていただいたみなさん、じんわりと汗をかきかき、消化力アップしていただけたご様子。

(くれはる、キッチンからこっそり覗き、眺める。シメシメ・・・・)

b0336361_18050072.jpg


お食事のあとは、いよいよWSです。

前半は、この季節のお悩み、花粉症と消化力の不思議なカンケイなど、アーユルヴェーダ視点で見る「春のカラダ」のメカニズムについての座学タイム。

後半はいよいよ、消化剤「トリカトウ」作りの実践です。

消化の手助けとなり、また、花粉症の季節の頼れる味方である「トリカトウ」。
材料はわずか3つ。元は、食事にも取り入れられているスパイス達です。
ショウガ、コショウ、長コショウ。
それらをまず手に取り、香りや色、形を確かめ、自分たちで粉に挽くところから始めます。

材料となってくれるスパイス、生み出してくれた自然や生産者さんへの感謝とともに
まずは五感を使って感じ取ります。
自分たちのカラダを養ってくれる大事なレメディです。
手間ひまを惜しまず、自分たちの手で仕上げていきましょう。

b0336361_18121173.jpg

b0336361_18125894.jpg

b0336361_18160833.jpg
挽きたての新鮮なトリカトウ、お味見をしながら、「質問」がたくさん寄せられました。
みなさん、普段は「プルシャ」さんでヨーガを学ばれている生徒さん。
さすが、心やカラダに向けられた意識も高く、まさに「生きた質問」ばかり。

質問を投げかけ、またそれぞれの考えについてを仲間と語りあう。
アーユルヴェーダの学びにもっともふさわしい形。
良きみなさんと良き時間をご一緒できました。

b0336361_22272490.jpg
よしの先生、参加者さんたちと一緒に。


それぞれご自分の手で作ったトリカトウ、きっとみなさんの健康の助けになってくれたことでしょう。
アーユルヴェーダの知恵を、どうぞ毎日にお役立てくださいね。

お招きくださったよしのえみ先生、ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

またぜひお会いしましょう!

Specialthanks:

ヨーガスタジオ「プルシャヨガ」には素敵なカフェも併設されています。
お近くの方、ぜひぜひお訪ねください。




* ワークショップやイベントなど「アーユルヴェーダ案内人くれはるの最新情報」は、
SNSでも随時アップしています。
リアルタイム情報をご希望の方、アーユルヴェーダに関心のある方。
フォロー大歓迎です!

アーユルヴェーダ案内人くれはる

by kureharu | 2018-06-21 21:20 | レポート(くれはるワークショップ) | Comments(0)

もっとすこやかに、さらにごきげんに!


by くれはる
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30