NEW POST

Chi cerca trova.【映画「君の名前で僕を呼んで」レビュー】

b0336361_17072284.jpg


フォローしているツイッターで、不意に流れてきたイタリア語のことわざ。

Chi cerca trova.
求めるものは見出す。

直訳。そのまんま。
「辛抱強く求めていけば(それは)かなう」と、綺麗に言いかえてしまうこともまあできる。しかし、ぶっきらぼうな直訳だけど、やはりこの訳がやっぱりしっくり来るよなぁと思いつつ眺める。

「求めるものは見出す。」

うん、やはりここはそのままだ。
脚色なし、無垢のままにしておきたい。

Chi cerca trova.
求めるものが見出すのだ、と。

さて、このところ、頭の中に住み着いているのは、数日前に観た映画です。
観終わって時間が経ってからのほうが、不思議と内臓の内側にじわじわきてる、そんな映画。


「君の名前で僕を呼んで」
監督:ルカ・グァダニーノ(「ミラノ、愛に生きる」)
脚色/プロデューサー:ジェイムズ・アイヴォリー(「眺めのいい部屋」名作!)
出演:ティモシー・シャラメ(エリオ役)、アーミー・ハマー(オリヴァー役)

1983年の夏、イタリア北部のどこかの街。17歳のエリオは24歳のアメリカ人の大学院生オリヴァーと出会う。大学教授であるエリオの父の元、研究を手伝うインターンとして現れたオリヴァー。エリオたち家族と共に過ごした6週間の夏の物語。

背が高く、立派な身躯をもつ美形で、知性や人柄においても欠けたところのないオリヴァー。強く翳りのない、まるで「いつかのアメリカそのもの」みたい。自信家風でもあり、隙なく整ったアメリカーノは、スクリーンの中、最初はちょっと退屈な印象すら残す。

エリオ。穏やかな両親の元、のびのびと暮らしながらも、内面の繊細さがその姿に現れているかのような17歳。ピアノをひいたり本を読んだり、時々は自分に恋する女の子とちゃっかり寝ちゃったりもしながら、田舎町の退屈な夏をやりすごしている。

オリヴァーとエリオ。
アメリカとイタリア。
避暑地で同じ家に暮らす中、最初はぶつかりあったり、かみ合わなかったり、むしろ遠ざけあったりする二人。

夏の日差しのもと、川で泳ぎ、広場のBarで冷たいものを飲んだりしながら、二人はお互いに距離を縮めていく。

半パン、スニーカー、自転車、テラスでの朝ごはん。
庭で取れたアプリコットのフレッシュジュース。
ハッピーなゲイのカップルが父の友人として訪ねてきたりもする日々。

オリヴァーとエリオ。それぞれ自分の心の内側にある感情に気づき始める。
オリヴァーは年長である分、気づいた自分の感情への逡巡も多い。
自信家さんはもはや自信家さんでいられなくなっている。
エリオはどうだろう。
兄を慕う弟のようでもあり、オリヴァーを護る母のように見えたりする瞬間もある。

いつしかお互いがお互いの心を少しづつ明かし合う。

君の名前で僕を呼んで。
僕の名前で君を呼ぶ。

求める二人は、とうとうお互いの存在を見出したのだ。
Chi cerca trova.

唯一無二であるお互いの存在を。

夏が間もなく終わろうとする頃、二人は旅に出る。
旅を終えたら、オリヴァーは一人母国アメリカに戻る。
夏はもう終わる。

見送るエリオは一人残される。
17歳。もう子供の心のままで、自分は生きられないことを知る。
夏はもう終わる。

愛に溢れたエリオの両親、中でも父親は物語に大きな存在感を残す。

別れの時に耐える息子を見守りながら、静かに語りかける父。

「痛みを葬るな。感じた喜びで満せ」

と。これ以上なく愛情に満ちた時間。
そして父は息子に静かに打ち明ける。
かつての自分。勇気が持てず、大切なものに向かってその一歩を踏み出すことができなかった自分自身のことを。

二度と戻らない時間。
そう、父も「いつかの青年」だったのだ。

Chi cerca trova.

求めるものは見出す。
「一生に一度きりのあの夏」のことではなかったか。

共に生きるこれからの人生。それを手に入れることができなくても。
いつか遠く離れることになっても。
真に求め、見出したものは決して失うことはない。

ラストシーン。冬のエピソードで一気に落涙。
3分半、長回しの中のエリオ。

サウンドトラックがすべて秀逸。
ピアノ曲も1983年当時のPOPSも。

美しさとは、単に見た目のことだけを指すのではない。
感じた喜びで満たし、痛みも葬らず生きた、登場人物たちの命の美しさだろう。


「君の名前で僕を呼んで」
公式サイト

by kureharu | 2018-06-09 17:12 | レビュー(観る・聴く・訪れる) | Comments(0)

もっとすこやかに、さらにごきげんに!


by くれはる
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30