NEW POST

言葉には命がある。

あなたが今、とても大切にしている「何か」があるとする。

その素晴らしさを、もし誰かのために役立てたいと思うのであれば、
第一歩目から、すべては始まっています。

第一歩目。
それは言葉の選び方、届け方、伝え方、そこにまつわる姿勢や態度。
すべてはそこから始まっている。
あなたがそれを認識していても、していなくても。
すべてはもう始まってしまっているのです。

そこでもしあなたが「誰かの言葉」を
あたかも「自分の言葉」であるかのように、都合よく扱ったとしたなら
残念ながら、あなたの大事なメッセージは一切もう伝わらない。

あなたの言葉ではないからです。

あなたはわたしではない。
ましてや、わたしはあなたではありません。

それを伝えたいのは誰ですか?
何のためにそれを伝えたいのですか?

本気で伝えたいメッセージがあるのなら
自身が全身全霊で汗をかいて、じぶんで形に生み出していくより他ありません。

これは誰もが等しく同じ、一直線上の同条件に立っています。
世界はなんて公平にできているのでしょうね。

言葉や創作物は生き物です。
命を持っているもの。
「伝える側」に立つのなら、どうか最初にそのことを知ってください。
どうかその命を汚さないで。
それはあなたの命も、です。

ことばに生きた命を宿したい。
わたしはずっとそれを祈りながら、このブログを書いています。
本当に必要とする方に、少しでもアーユルヴェーダを届けたいから。

でもね。
望んだ通りになかなか表せない、そんなジレンマもしょっちゅうあります。
今だってそう。途方にくれることもあります。

でもそれもこれも。すべて含めて、ことばはわたしの命。
わたしの今です。

お願いです。
ブログ記事の盗用、許可のない転載、一切固くお断りします。

大事にしたいもの、伝えたいものがあるのなら、
何よりもやるべきことは、
じぶん自身の手でまず、それを丁寧に取り扱うことなのだと思います。


by kureharu | 2018-05-29 23:40 | 進め方、考え方 | Comments(0)

もっとすこやかに、さらにごきげんに!


by くれはる
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31