NEW POST

世界の解像度をあげてゆく

b0336361_18232382.jpg


ものごとの学び始めは、自分が知り得た「部分」だけを捉えて、あたかも世界全体を知ったような気持ちになることもある。新しい世界を見た、知った喜びと興奮。
世界を知った気になるのは、傲慢さばかりが理由ではなくて、少しでも早くその本質に近づきたい!という、初学者ならではの熱意が理由のこともあるだろう。

ここで終わらせず、前に進むとぶつかるのが、世界の広さ果てしなさ。全体に向かおうとすればするほど、ぶつかる分厚い壁。自分の無能感に激しく打ちひしがれる。
そこで否応なしに気付くことは、かつて一度、自分が捉えたと思っていた世界、その解像度の粗さ。歪み。アンバランス。

そのことに気づかせてくれるのは、実は「環境」である。

自分が善き環境にあるかどうかを知るには、周りを見ればよい。
もし善き環境にあるならば、そこで出会う先生、先輩方は皆、どれだけ学びを進められていても常に謙虚だから。
そして必ず、真摯に学びを続けておられる。

その人々を見てればわかる。

…道半ばの私が、たやすく、勝手に打ちひしがれているバヤイではないということ。

学び続けることは、少しずつ世界の解像度を上げてゆくこと。それは自分が勝手に作った世界の歪みを、一生かけて補正してゆくこと。

簡単ではないからこそ、続ける意味はあるし、深い喜びもある。


*初心者さんでも気軽に参加できるアーユルヴェーダワークショップ、カレーイベントなど。
最新の開催スケジュールはこちらから

* ワークショップやイベントなど「アーユルヴェーダ案内人くれはるの最新情報」は、
SNSでも随時アップしています。
リアルタイム情報をご希望の方、アーユルヴェーダに関心のある方。
フォロー大歓迎です!

アーユルヴェーダ案内人くれはる

by kureharu | 2018-05-13 11:34 | アーユルヴェーダ全般 | Comments(0)

もっとすこやかに、さらにごきげんに!


by くれはる
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31