NEW POST

3/21WS開催レポ*「知識と実践。そしてじぶん観察」で「改善のギフト」はやってくる!

b0336361_20493602.jpg
ワークショップ会場、古民家asagoroの庭にも春が来ました!


3月も後半。古民家asagoroに通い始めて3ヶ月。

1月から開始したワークショップ「はじめてのアーユルヴェーダ*ワークショップ じぶんでできる
じぶんメンテナンス」も、はや三回目。1stシーズンのいよいよ最終回を迎えました。

3/21、この日実践したプログラムを振り返ってみます。

▪️(1)座学:「*アーユルヴェーダのいろは(入門編)」
▪️(2)体験実習:まいにちできるじぶんメンテナンス!ガルシャナ&セルフオイルマッサージ
▪️(3)お茶タイム:くれはるチャイでリラックス&シェアリング(懇親会)

座学では、まったくゼロから学ぶ方を想定した「アーユルヴェーダのいろは」
いわゆる入門編「アーユルヴェーダのイントロダクション」をご紹介しました。

いわば「アーユルヴェーダっていったいなに?どんなもの?どこがどう私たちにいいの?」です。

「おでこにオイルをたらすインドのエステ」というのが
まだまだ世の中における、一般的アーユルヴェーダのイメージかもしれません。

(おでこにオイルを垂らす施術は主に「シローダーラ」と言います)

テレビなどを通じて、そのイメージだけが突出して先行する一方、
なかなか「アーユルヴェーダの全体像」を知る場や機会は、あるようでないもの。

とくに一般の方々にとって、(エステ的な場以外で)アーユルヴェーダに触れられる機会は
それほど多くはありません。
いや、まだまだ本当に少ないと思います。

わたしはそれをとても「もったいないこと」と思っています。
なぜなら、アーユルヴェーダには
現代の日本で暮らす私たちを、「わたしたち自身の課題」から救う知恵や方法が
たくさん詰まっているからです。


「わたしたち自身の課題」ってなに?


  • ぼんやりとした体の不調・不安
  • 病院に行く?いや病気というほどでもないのかも・・・
  • 病院に行って薬はもらったけど、根本解決はしなかった・・・
  • イライラ、くよくよ、心のなかに「なんだかうまく行かない」がずっとある
  • あれこれ健康法に手出しをするけど、結局なにがいいのかわからない

そう、これらに共通するのは「じぶんのカラダとココロ」
じぶんのもののはずなのに、実はじぶんが一番よくわからない。
これが「わたしたち自身の課題」ではないでしょうか?

いまよりもう少しすこやかに、よりよい状態の「じぶん」を作りたい。
ただそれだけなのに・・・

そんな思いは、年齢や性別問わず、だれにでも多かれ少なかれ、あるかもしれません。

「健康でなくたって構わない」本心からそう言い切れる人って、どれくらいいるでしょう?
「健康でいたい」は、人間の基本的な欲求のひとつですよね?

で、わたしたちのその思いが、世に生まれては消えていく「健康トレンド」の消費を生み、支えてる。
そこでは、得たいもの(課題の改善)が得られる時も得られない時もある。
そのほとんどは、個人の資質(体質)にはあまりフォーカスされていない。
で結局、次々とお金も時間も「振り回されつづける」
そんな現実の皮肉さがあります。

一方で、ブームでもトレンドでも終わらない。
伝統ある医学として、合理的かつ体系の整った知恵や実践手法がたくさんあるのが
「アーユルヴェーダ」です。
古くさいもの、遠い国のもの、と遠ざけてしまうのはとてももったいない。

決して「おでこオイル」だけでは終わりません。終わらせません(笑)
アーユルヴェーダには、
じぶんでできる実践手法がたくさんあり「自己治療の医学」とも言われます。
WHO(世界保健機関)も、その価値に注目をしています。


知識に加えて「実践+じぶん観察」を続けると「改善のギフト」はやってくる!


アーユルヴェーダは、ちょっと詳しく言えば、
体質理論(ドーシャ理論)に則って、「やるべきこと」「避けるべきこと」が、
あらゆる面から網羅されています。
「1日のすごしかた」「季節のすごしかた」などの「生活法」。
「何を食べるか」だけでなく「どう食べるか?」にも注目する「食事法」など。

いずれも、個別の体質をベースにしているので、
一律におなじものだけを全員に勧める「ファストな健康法」にはならないのです。
だからもしかすると、「わたし」と「あなた」が行うのは、違う方法かもしれません。
一方で、皆に勧められる「基本的な施策」もあります。
いずれも、まず、アーユルヴェーダの基本的お作法を知った上で、
最適な手法を取り入れていきます。

その分、「誰だって**を毎日飲んでさえいればオッケー!」みたいな他のものに比べて
理解を深めるには、手順が必要な面があるかも。

アーユルヴェーダってむずかしそう・・・と見えてしまう理由かもしれません。

でもね。入門編から早速実践できる手法もいくつもあるのです。

たとえば、もはや定着しつつあるトレンド「白湯飲み」
それ、じつはアーユルヴェーダです。

そう白湯飲みや、食べ方の基本ルールの実践など。
難しい知識がなくても、生活に取り入れやすいもの。
やってみて、そして大事なのはじぶんを観察して、変化を捉える。
そして続けてやっていく。

ただそれだけ、シンプルな繰り返しです。
大事なのは続けてやっていくこと。
変化が捉えられるようになると、実践は俄然楽しくなります。
そうなるとひとつづつ、「改善のギフト」がやってきます。

アタマのなかにぱんぱんの「知識」だけたーくさんあっても、それだけじゃ「改善のギフト」はやってこない。
アーユルヴェーダは正直です(笑)

「知識と実践。そしてじぶん観察」それらがあっての贈り物なのです。

アーユルヴェーダが一方で「実践科学」とも呼ばれるゆえんです。


*3/21のレポート*


この日は総勢12人もの方が、参加くださいました。
いつもは1部屋で行うオイルマッサージも、入りきれずに2部屋に分かれての実習。

いつも以上にワイワイと盛り上がりながら、ガルシャナ(絹の手袋でのマッサージ)、そして
メインのごま油によるセルフオイルマッサージに進んでいきます。


b0336361_20593029.jpg

b0336361_20561775.jpg


上の2つの写真。
どちらも、ちょっと不思議な光景ですが、オイルマッサージ後、みなでシートとブランケットにくるまって、
大事な「発汗」のプロセスを行っています。オイルで皆つやつや、ホカホカ。
「みのむし」みたいな姿で、なんだか可愛らしい光景です。

マッサージに使用する「太白ごま油(熱処理すみ)」は5分で体内に浸透し、
体内の老廃物を腸に集めていきます。そして便として体外に排出する効果があると言われます。
続けるごま油マッサージ習慣で、体内をクリアにしていきます。


チャイとともに。皆でいっしょに、ココロとカラダを考えてみた!


くれはるワークショップでは、実習のあとチャイを囲んで、シェアリングタイムがあります。
ここでは、実習体験後の感想や、いまそれぞれが抱える日々の課題などを、
少しづつ出し合ってみる場なのですが、この日のシェアリングは、とても熱かった。

さすが12人ともなると、課題の種類もさまざまなものがあるのですね。

複数の方からあげられたのが「足の冷え」でした。
しかし、その冷え方は、人によってちょっとづつ違って、冷え方、冷える場所、
いろんなタイプがあるということがわかった。

オイルマッサージの実習体験を共有し、
例えば「冷え」にも、人それぞれに違いもあることを知る。
お互いの差を知ることで、それぞれがもう一度じぶんの状態に目を向ける。
「じぶん観察」をもう一度始める。

じぶんにもっと目を向けること。
わたしは、ここがとても大事だと思っています。

じぶんの課題をじぶんでよくしていく。大事なのは、その「きっかけ」をつかむこと。
「きっかけ」をきちんと持てれば、改善への取り組み、その一歩が始められます。

ワークショップが、そのきっかけの場になれればいいなと思っています。
b0336361_21003449.jpg
チャイとおやつ


実習のあとは、チャイとおやつを皆さんと囲んでシェアリング。
この日のおやつは、スパイスの効いたインドのスナックKachoriとオージャスたっぷりのデーツ。
(スパイス効果、カパの季節ですからね)
最強スタッフ・マッキーのアイディアで、ちょっとおしゃれにお召替えしました。



参加者の皆さん、ご来場ありがとうございました。

それぞれ、ご自分の「課題」にフォーカスをされていた皆さん。
ほんとうに素晴らしいことです。

なぜなら、「じぶんを観察する」を抜きにして、「自分の本当の課題」には気づけないからです。
これからさらに「観察力」を深めていってくださいね。

知識は実践とともに。そして、そこにはいつも「じぶん観察」がセットです。

すこしづつ続けることで「改善のギフト」、一緒に是非手に入れましょうね!


b0336361_20504099.jpg
古民家の庭にはサクラソウが咲き始めています。



*PS
はじめてお目にかかる参加者さんに「ブログずっと読んでます」と声をかけていただきました。
そんな経験は生まれて初めてで、とても嬉しかったです。
ありがとうございます!
お役に立てる記事が書けるよう、がんばりたいと思います。
モチベーションあがりました!ありがとうございました。



*参加者さんの素敵なブログレポート!



2ndシーズン 開催決定!受付中!

ーはじめてのアーユルヴェーダ*ワークショップー
「じぶんでできるじぶんメンテナンス 2ndシーズン」
2015年春から夏へ 編


*2ndシーズンは「食事法」をメインテーマに。毎月開催!
オイルマッサージ実習も。

4/18(土)、5/10(日)、6/27(土)

お申し込み&くわしくはこちら


by kureharu | 2015-03-22 10:38 | レポート(くれはるワークショップ) | Comments(0)

もっとすこやかに、さらにごきげんに!


by くれはる
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31