NEW POST

夢が叶ったのね。おめでとう。

b0336361_05142521.jpg

夢が叶ったのね。おめでとう。

平日の夜、週一で通う、ヨガスタジオのロッカールーム。

顔なじみの素敵なマダムに、笑顔でそう声をかけてもらいました。

1年半ほど前から通うここのヨガクラスでは、
毎回レッスン前、皆で輪組になってそれぞれの近況報告をするのが習慣です。
インストラクターの先生の進行で、それぞれ自己紹介。
そしてココロとカラダの状態や、週末にあったことを話します。

この日の私は、先週末にアーユルヴェーダのワークショップを
開始したことを話したのでした。

思えば一昨年の夏、このヨガクラスに参加し始めた当時
わたしはスクールでアーユルヴェーダの基礎を学ぶ学生でした。

その後、私の日々にアーユルヴェーダの学びは続き、試験があったり、合宿があったり。
カラダと向き合う時間も増えていました。
とりわけアーユルヴェーダの食世界に興味が湧いて
南インドカレーを始めたり。
マダムにもそんな話を、時々していたみたいです。

ヨーガとアーユルヴェーダは親戚みたいなもの。
通じる世界を相互に持っています。
だからどこかで覚えてくれていたのでしょう。

夢が叶ったのね。おめでとう。

この日、笑顔とともに贈られた言葉は、ちょっと想定外で
びっくりした私はその瞬間「きょとん」としていたと思います。

ユメガカナッタノ?

学んだことを糧に、自分でアーユルヴェーダをお伝えする小さな活動を始めたこと。
それをマダムは「夢がかなった」と表現してくれました。

一方、わたしはそんな目で自分を見たことがありません。
見ているのは、目の前にあることばかり。

ほんとのことを言うと、
私個人、実はじぶんごとに「夢を叶える」という直接表現は日頃、たぶん使わないです。
人が使うの聞くのは違和感ないのですが、
自分ごとになると「夢」という言葉は
どこか借り物感が拭えなくて。
私にとっては、自分に向けて使うのが難しい言葉のひとつです。
なんだろう・・
ちょっとむずがゆくて、恥ずかしいのかな。

それでも私の中には、
やりたいことがあり、叶えたい願いがあり、そこに強い思いや望みがある。
「夢」という単語形式に頼らなくても、それは確かにそこに「ある」のです。
ただ静かに淡々と、形にしていきたいと思っています。

指し示す人差し指の方向には、必ず光があると思っているし
まぁそれは誰かに「夢でしょ、それが。」と言われたら、「そうかもね」と言ってもよいものなのかもしれません。

小さな点が集まって、いつしか点線になり、細い線になり・・・
「晴れて夢がかないました。めでたしめでたし。はいおしまい」
とならないのは現実だけれど。
だからこそ人生は続くし、面白いのだと思う。

夢が叶ったのね。おめでとう。

そっか。。そんなふうに見てもらえたのか。
知らない自分が、不意にスクリーンに映し出されたようでした。
「違う角度から見たじぶん」って案外自分ではわからないものです。

そして物語はこの先も、まだまだ続くのだと思います。


初心者さん大歓迎のワークシショップです。

ーはじめてのアーユルヴェーダ*ワークショップー
  「じぶんでできるじぶんメンテナンス」
     2015年冬から春へ 編

*2/21(土)11:30〜14:00 お申し込み受付中
*3/21(土)11:30〜14:00 お申し込み受付中

2月はアーユルヴェーダでもっとも大切にされるオイル「ギー(精製バター)」を実習します。
3月はセルフオイルマッサージ体験と、メニューもいろいろ。
都内のすてきな古民家で、いっしょにアーユルヴェーダ体験しませんか?
はじめてさん、大歓迎。
アーユルヴェーダの知識や経験は不要です。
(単発参加も、連続参加もお選びいただけます。複数回申し込み割引あり)

くわしくはこちら

b0336361_10101166.jpg
会場となる古民家asagoro(中野区)



by kureharu | 2015-02-06 06:21 | 日々のこと | Comments(0)

もっとすこやかに、さらにごきげんに!


by くれはる
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31