NEW POST

【3年目のアーユルヴェーダ合宿】同じ釜の飯だよ〜!全員集合


b0336361_20463116.jpg


私は若い頃から、団体行動がとても苦手でした。
仕事ならともかく、プライベートではできるだけグループ行動を避けていました。
四六時中たくさんの人と一緒で、さらには泊りがけで過ごすなんて耐えられないし、自分には縁遠い世界だと思っていました。
旅だって、基本は一人旅がベスト。長年そう思っておりましたし。

在学中の日本アーユルヴェーダ・スクールでは、毎学年に一回づつ、2泊3日の合宿があります。
河口湖にある森の中の静かな一軒家。クラスメートや先生方と過ごす密度の濃い3日間。
パソコンもインターネットも手放し、アーユルヴェーダ一色の生活を送ります。
講義に加えてひたすら実践実習が続く日々。

えええ?大人になってまで、団体で合宿なんてするのぉ〜?!
相部屋でそれも2泊〜!!

入学当初、合宿があると知りそれが実はとても憂鬱でした。
最初の合宿がリラックスできて楽しかったのかどうか?、正直いうと当時は全くわからなかったのです。

b0336361_20352181.jpg

先日、日本アーユルヴェーダ・スクールにおける学生生活最後の合宿が終了しました。
最終学年、私にとっては3回目の合宿になります。

講義に加え、今回も合宿中のハイライトはひたすらひたすら豊富な実践と実習です。
合間にはアーユルヴェーダそのもののレシピで作られた、美味しいできたての菜食ご飯をいただき、毎朝ヨーガの実践、森の中の散歩もあります。

b0336361_21105772.jpg

まさに、アーユルヴェーダ尽くしの濃い3日間。
ここで日々を過ごすと、今の自分が心身ともにどんな状態にあるか?
いろんなことがだんだんわかってきます。
都会の暮らしで「都合よく見ないふり」をしていること。あるいはノイズにまみれて自覚していなかった諸々。それらが自分の上に形となって次々と現れてくる。

4年前、内心イヤイヤ参加したw初めての合宿。あの時は自分の中から一気にいろんなことが噴出してきて、帰る頃には「もう死にそうなくらいのくたくた」になったものでした。

b0336361_19370228.jpg

私は団体行動が弱点ですが、ええかっこしいなので、人前でそんなふりはなるべく見せません。
そこがなんともひ弱で、まあ、、、面倒くさい人間です。

アーユルヴェーダを学び、今、丸4年を経て、何が変わったか?というと
実はその点が、ほんの少しだけこなれてきたような気もします。

アーユルヴェーダをともに学ぶ仲間たち、それを支えてくださる先生方。
そこで中途半端にいい格好したところで、一体なんになるのよ!?

それに気付いたからかもしれません。

合宿中は、先生方入魂の実践カリキュラムが次から次へとやってきます。
バラエティに飛んだ貴重なオイルや薬草類が用意され、私たち学生は自分の体で実践と体験を重ねていく。

やる。とにかくやる。全てを逃さず実践する。
やるべき!とかいうよりも、私が何よりそうしたいから。
きっとみんなだってそう。
ほぼすっぴんだし、格好も実習着のままで24時間一緒に過ごす3日間。
お互いがかっこつけたりなんかしていられない状況に、自然となってゆく・・・。

同じ釜の飯を食う、と申しますが、ここで過ごしたクラスの仲間たちとはまさにそうなる。

「カッコつけてんなよ」
そして
「アーユルヴェーダなめんなよ」

(笑)

b0336361_19435820.jpg

b0336361_20552905.jpg

b0336361_19414711.jpg
実践on実践。互いのすっぴんも知る貴重なアーユルクラスメイトたちと

b0336361_20074864.jpg
みんなでいただく、美味しい「同じ釜の飯」


自然の中で集中して実践を重ねると、様々なものが自分が体調にもありありと現れてきます。
今どれほど疲れているかなど、もうごまかしが効かなさすぎて...スゴイ(汗)

頭や意識でどれだけ防御をしても、体の伝えてくる情報は嘘をつかないのだとわかります。

それに自分が気づくかどうか。気付けるかどうか?

かっこつけても、最後にはつけきれなくなるし、
事実はただ、そのまんまの存在になる。

そしてそれはアーユルヴェーダの持つ、とてもいいところだと思うのです。

理由はその存在が「命そのもの」にとても近いから。
きっとそうに違いない。

私はもう学生として、あの場所であの合宿時間を送ることはできません。

3年も4年かけて、ようやくようやく、わかってくることもあるようです。



*初心者さんでも気軽に参加できるアーユルヴェーダワークショップ、カレーイベントなど
最新の開催スケジュールはこちらから

* ワークショップやイベントなど「アーユルヴェーダ案内人くれはるの最新情報」は、
SNSでも随時アップしています。
リアルタイム情報をご希望の方、アーユルヴェーダに関心のある方。
フォロー大歓迎です!

アーユルヴェーダ案内人くれはる

by kureharu | 2017-06-12 20:49 | アーユルヴェーダスクール | Comments(0)

もっとすこやかに、さらにごきげんに!


by くれはる
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31