NEW POST

【相国寺は「そうこくじ」ではないと知る】6/4京都ワークショップ会場近隣のおすすめ情報〜その2



6/4、京都でのkureharu Lab.開催。
ワークショップ会場となるのが上京区にある「be京都」さん。
地下鉄烏丸線今出川駅、京都御所からも近く、周辺にはぶらり立ち寄りが楽しいスポットが幾つかあります。
ワークショップ前に、散策されてみるのはいかがでしょうか?

年中人混みであふれる京都駅や河原町近辺に比べ、今出川近辺は比較的静かな京都をゆったり楽しめます。

b0336361_14024134.jpg
相国寺 鐘楼「供音楼」



相国寺(しょうこくじ)

京都御所の北側に位置する臨済宗相国寺派の総本山。室町三代将軍の足利義満が創建。

「金閣寺」や「銀閣寺」はこの相国寺の塔頭寺院(たっちゅうじいん)です。
塔頭とは?
禅宗寺院で高僧が亡くなった後、その弟子たちが師を偲び建てる塔や寺院のことを指します。
もともとはそういうものだったようですが、金閣寺は相国寺と同じく、足利義満自身が建てているんですよね。
銀閣寺は、時代が下がって室町八代将軍の足利義政が創建。
禅宗と時の施政者のつながり深さをなんだか思わせる感じ。

現代の京都観光2大トップスターとも言える「金閣寺」「銀閣寺」。その総本山(総元締め?)がここ相国寺なわけですが、きらめくトップスター兄弟の「ご実家」は、それほどわっしょいとした混雑に溢れかえることもなく、いつも静かに鎮座ましましています。
こういうところでこそ静かに「京都らしさ」を味わうのがオススメ。

相国寺の境内の印象は威風堂々。虚飾のなさはまさに禅寺らしくもあり、全体に男性的な印象です。

そしてこの寺は伊藤若冲ゆかりの寺院。ここで禅僧大典顕常に師事した伊藤若冲は、寺にたくさんの絵を寄進しました。後年その絵は、明治時代の廃仏毀釈の危機からこの寺を救い、守りました。
現在、宮内庁三の丸尚蔵館が所有する「動植綵絵」はもともと、この寺に若冲が寄進したものです。

現在、年数回の公開期間には、境内の「承天閣美術館」で若冲コレクションを見られることもあります。

***

ワークショップ当日6/4に若冲作品は見られませんが、「春の特別拝観」が開催されています。
法堂の天井に描かれた、狩野光信作「蟠龍図(鳴き龍)」が見られますよ。
これ、なかなかの迫力です。
オススメ。

春の特別拝観(ワークショップ当日のなんと6/4まで!)
*拝観は10時〜16時までです。

相国寺:
京都市上京区今出川烏丸通東入
***********************************
拝観の前に。ワークショップのお申し込みをどうぞお忘れなく:D

6/4京都開催:kureharu Lab.京町家ワークショップ詳細/お申し込みはこちらから
*定員数に限りがあります。お申し込みはお早めにどうぞ。




*東京で参加したい!そんなあなたはこちらから

* ワークショップやイベントなど「アーユルヴェーダ案内人くれはるの最新情報」は、
SNSでも随時アップしています。
リアルタイム情報をご希望の方、アーユルヴェーダに関心のある方。
フォロー大歓迎です!

アーユルヴェーダ案内人くれはる

by kureharu | 2017-05-29 06:52 | これからのWS/イベント予定 | Comments(0)

もっとすこやかに、さらにごきげんに!


by くれはる
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30