NEW POST

私のデイリーアーユルヴェーダ【バッグのなか編】


b0336361_18364563.jpg

これは、私の毎日に手放せないアーユルヴェーダグッズです。

高さ約10センチ強のボトル、中身は太白ごま油。
自分で熱処理をしたオイルを中に詰め
小さなジップ付き袋に入れて、毎日カバンの中に入れ持ち歩いています。

旅行や出張にも、必ず持って行きたい。
私には「ないと困るもの」のひとつです。

アーユルヴェーダでいうと、風や空の質である「ヴァータ」を乱しやすい私。
空気の乾燥や冷えに弱いです。

乾いている、軽い、冷たい。
これらは、一層ヴァータを乱す要因になります。

とりわけ乾燥がひどくなると、自分自身のパフォーマンスがてきめんに落ちることを
自覚しているので、自身のケアに毎日オイルの使用が欠かせません。

影響は皮膚の乾燥や便秘の発生など美容面ばかりでなく、心身ともコンディションの低下につながります。

ヴァータの乱れが強くなると、
心の中がソワソワざわざわ、、、が起きやすくなる。
生活の中で「忘れ物が増える」「うっかりした勘違いが増える」などはその目安になります。

b0336361_18414056.jpg

ところでこれは、なんの変哲もないプラスチックの瓶ですが、
この広い口と、シンプルな形状の栓が圧倒的に高ポイント。
内栓がないので詰め替えやすく、また適量もすっきり出しやすい。
シンプルな構造で丈夫。栓はきっちりしまって移動中に漏れない。

こんなシンプルなものですが、いざ実際探すとあるようで、ない。
今まで何本も、旅行用の詰め替え用小瓶(化粧品用)など試しましたが、これ以上のものに出会っていません。

数年前、たまたま入った「オリーブオイル量り売り」のお店で購入しました。
オリーブオイルのお店で売っているのだから、ごま油にもいいのでは?
そう思ったのがきっかけです。
実は、市販の小分け瓶には「中身にオイルNG」のものもたくさんあります。
蓋から漏れたり、素材が変質したり、もあるのです。

この瓶を発見した時はそれほどとは思わなくて、なんとなく数本をまとめ買いしたのですが、使い始めて、その良さに唸りました。

漏れない、壊れない、入れ替えやすい。洗いやすい。そして丈夫。

香りのない太白ごま油は、アーユルヴェーダのデイリーケアにおいて基本中の基本オイルと言えるもの。

肌に塗るだけでなく、ちょっと口に含んでうがいをしたり、
綿棒に染みこませて鼻腔や耳に入れたりと、出先でもセルフメンテナンスをするようになって私は自分の体調管理が安定的にできるようになりました。
(困った時にささっと綿棒を突っ込むのにも、この広口サイズはものすごく便利)

****

ごま油のデイリーケアは、多くの人に有効となるメンテナンス法ですが、
中でも、ヴァータ傾向が見られる人はより積極的に取り入れると良いと思います。

私自身は、自分が乾燥に弱いことを把握しています。
なので、オイルで自分で自分を整える方法を選んでいますが
これは内側から自分を強くし、落ち着かせる方法でもあります。

自分の現在の状態に合わせて、何をすべきか(何をやめるべきか)を
選択することができる。
自分自身で、自分のコンディションやQOL(生活品質)を持ちあげていくことができる。

それが、アーユルヴェーダの学び、その大きな意義のひとつ。

太白ごま油。
おしゃれな横文字でもなく、地味な存在ですが、私の毎日に欠かせないもの。
毎日のなかでコツコツと、
これからも365日、ずっとお世話になることでしょう。

私にとっての「毎日のアーユルヴェーダ」は、これくらいとてもシンプルなことです。

****

アーユルヴェーダが勧める、ごま油を活用したセルフメンテナンス方法&アンチエイジング実践!
初心者さんでも気軽に体験できるデイリーケアを
各地のワークショップでお伝えしています。

5/20(土)は東京、6/4(日)は京都の築200年の京町家で開催。
お申し込み受付中!



*最新のワークショップ、イベント情報はこちら
* ワークショップやイベントなど「アーユルヴェーダ案内人くれはるの最新情報」は、
SNSで随時アップしています。
リアルタイム情報をご希望の方、アーユルヴェーダに関心のある方。
フォロー大歓迎です!

アーユルヴェーダ案内人くれはる

by kureharu | 2017-05-06 18:35 | アーユルヴェーダ/一日のすごしかた | Comments(0)

もっとすこやかに、さらにごきげんに!


by くれはる
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30