NEW POST

【写真レポート】トリカトゥ作りました!春の古民家ワークショップ4月@池上編

b0336361_16464388.jpg
日蓮宗大本山池上本門寺。ソメイヨシノは終わりかけではありますが、バトンは八重桜にわたりつつあります。

b0336361_16464582.jpg
今日は、池上本門寺そばのカフェ「蓮月」さんで春のワークショップを開催しました。

テーマは、「出せる!溜めない!消化力アップのための白湯とスパイス活用実践編」。

カパ優勢な季節・春につきまとう「どんより」、消化力のダウン、
そして花粉症にも効果的な白湯の飲み方、スパイスを使った消化剤の取り入れ方を
お話ししていきました。

実習は「トリカトゥ」作りを皆さんと実践しました。
「トリカトゥ」とは「三つの辛味」を意味する、アーユルヴェーダの消化剤です。

b0336361_16464812.jpg
トリカトゥ(3辛)の材料。
左上)ナガコショウ(宮古島産ピパーツ)、右上)乾燥しょうが(高知県産)
手前)黒コショウ(インド産)

くれはるワークショップで、トリカトゥなど消化剤作りの際、材料のスパイスを原型から刻み、
潰し、粉にするところから始めます。
粉になったものをただ混ぜて作ることはしません。
毎回、皆さんと一緒にゼロから挽いて作るのは、理由があります。
まず、生薬は粉にすると、風味だけでなく薬効も落ちていきます。
素材の持っている効果効能を引き出し生かすには、保存されていた「粉を混ぜる」のでは
不十分で、粉にするところから行うことが大事と考えるからです。

直接手で触れ、手で刻み、手で潰しを繰り返していきます。
電動ミルで挽くのは最後の最後、粒の大きさを揃える段階だけです。

b0336361_16470555.jpg
キッチンバサミで刻みます。
b0336361_16484469.jpg
まだまだキッチンバサミで刻みます。
b0336361_16500317.jpg
徐々に香りが立ち始めるのを、皆で一緒に感じ取りながら。。。
b0336361_16503554.jpg
次はスパイスグラインダー(アナログ)ですりつぶし。ここはひたすら地味な力仕事!
潰し始めると、また香りが変わることを発見。
b0336361_16505296.jpg
スパイスミル(電動)の出番は最後の最後。
b0336361_16471168.jpg
粒のそろった粉になった3種類のスパイス。ここまで1時間近く。

コショウ、ナガコショウ、ショウガを粉にして混ぜて作るトリカトゥ。
それぞれのスパイスの粒の大きさがちゃんと揃っていることが大事です。
実はこれがなかなか大変な作業。
素材によって、硬い柔らかいがあり、なかなか骨の折れる作業です。
参加者のみなさん、とっても頑張ってくださいました。
おかげでこんなに綺麗で粒ぞろいな状態になりました。

b0336361_18155940.jpg
計量ミックス後、お持ち帰り用トリカトゥ。
出来上がったトリカトゥは、本日現在、日本で一番新鮮なトリカトゥですね!

白湯や生はちみつ、ギーなどと一緒に取っていきます。
消化力を整え、未消化物を減らす、とりわけこの季節、春には頼もしい味方です。

b0336361_18401372.jpg

b0336361_18361912.jpg
WSでは「白湯の処方箋」が人気でした。


b0336361_17062655.jpg
WS終了後、参加者さん数名とカフェ蓮月でランチを。
素敵な入り口で記念写真を撮ってもらいました。
みなさん、ご参加ありがとうございました。
春です。
食事のとりかたを見直し、白湯やトリカトゥで消化力を整えて、晴れやかに毎日を過ごしたいものです。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。
白湯とできたてトリカトゥで、健やかな春をお過ごしくださいね。

****

【WSを終えて】

今回、「初めての参加者さん」がほとんどだったWS。
アーユルヴェーダに関する、皆さんのイメージや課題、この先果たしたいことなど、
皆さんのお話しを伺うことができました。
なるほどなぁと。。
アーユルヴェーダを学んでいる側が、無意識に見落としがちなことも
たくさんあることに改めて気付くことができました。

こうやってWSで直接皆さんとお目にかかってお話しを聞ける場は
くれはるに取っても、とても貴重な場所です。
皆さんありがとうございました。

これからのWSのメニュー、プログラムに取り入れていきますね。

****


by kureharu | 2016-04-10 19:28 | ワークショップ開催レポート | Comments(0)

もっとすこやかに、さらにごきげんに!


by くれはる
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31