NEW POST

【レポート】アーユルヴェーダの全身メンテナンス@葉山モクシャMoksha

b0336361_17165399.jpg

くたびれ果てました。

のっけからなんですが、身も心もそんな状態になったとき
みなさんどういう風に、そんなじぶんをケアしていますか?

美味しいスイーツを食べる?
仲のよい人と美味しいものを食べに行く?
旅行に行く?
温泉に入る?

いいですよね。どれも素敵です。
そうしましょう。ぜひ、旅行に行き、最先端のスイーツを食べ、
ご馳走に舌鼓を打ち、温泉に入る。
リフレッシュできますね。

でも、それらの効果はどうでしょう。
効果は長く続いていますか?
どちらかというと、短期的な気分転換的な効果で、
根本的な解決にはならないってこと、気づいていたりしませんか?
で、またやってくる「くたびれモード」をなだめなだめ、その後を過ごす。

その後気づかぬうちに、そう、星も5つ星まで来ちゃうほどくたびれ果てて、
なかなか自力ではじぶんを立て直すことがしんどくなる。
そんなこともあるかもしれません。

もっといい方法はないかな?と考えたりしながら。。。
また新しい、癒しのメニューやトレンドに飛びつく。。。

*****

アーユルヴェーダと出会って以来、私は一定の期間ごとに
信頼できる施術家のもとを訪れます。
アーユルヴェーダの全身のフルメンテナンスを受けることが
生活に欠かせなくなりました。

この日は、葉山「モクシャアーユルヴェーダセンター」で、久々に全身フルメンテナンスを受けました。
アーユルヴェーダのオイルマッサージであるアビヤンガと、キリ(ハーブボールと温めたオイルを使った
マッサージ)。アビヤンガはアーユルヴェーダにおける広義の意味での「浄化法」の一つ。

モクシャMokshaで受けられる施術は、アーユルヴェーダの本場、南インドケララ州の
スタイルそのままのもの。
ケララのアシュラム(寺院)で修行した、日印2人の施術家(サジンとラクシュミ)の
ダブルアビヤンガが受けられます。
4つの手で全身をオイルケアしてもらいます。

初めてここで施術を受けたときからずっと変わらぬ、その施術の的確さ。
体質やこちらの症状に合わせた質の高いオイルの選択。
毎回安心してすべてを任せています。

b0336361_17212826.jpg
キリ(ハーブボール)


夏生まれでとりわけ冬の寒さや乾燥が苦手な私は、この時期の過ごし方がとても重要になってきます。
体質に合わせた施術と、これからの季節の生活法の指導を受けました。
この日は、じぶんが思っている以上に、心身が疲れている事を指摘してもらい・・・><

モクシャMokshaでの施術後は、単なる「気持ちよかった〜」では決して終わらない。
もっと別のものが「じぶんのうんと深いところ」に落ちてくる感覚があります。

普段のじぶんの過ごし方の結果が、今ここ、じぶんの身体にあるということ。

この感覚は、モクシャで施術を受けた後には必ずやってきます。
私には、かなりのインパクトです。
いわゆる単なる癒しのメニューではありません。
でも、それこそが私には必要なもの。

私たちの身体は、代わりがない。
部品交換できるものではない。
そんな当たり前のことを、どうして時々忘れてしまうのだろう。

それを見失うほど、じぶんは一体何を大事にしようとしているのだろう。
そもそもアーユルヴェーダを学んでいる私は、
何がその原因を作っているのか、それを知っているのだから。

特別なことではありません。
大切なのは、「毎日の過ごし方(ディナチャリヤ)」。
こちらもまさにアーユルヴェーダの得意分野。
学んでいることの真の価値を実感します。

じぶんの内側からの大事なサインを、ちゃんと読み取れているか?
そして読み取る力を携えているか?

アーユルヴェーダが私たちに伝えてくれること。

私たちは思っている以上に「じぶん自身のことを見ていないもの」なのかもしれません。

そうなる前に、未然に防ぐ。
みなさま、セルフメンテナンスはお早めに。

b0336361_17205604.jpg
b0336361_05175690.jpg
ラクシュミ(左)とサジン(右)


MOKSHA [モクシャ] 〜アーユルヴェーダ スタディーセンター〜
神奈川県三浦郡葉山町一色1323−2

by kureharu | 2015-12-22 14:26 | アーユルヴェーダ/サロン・施術 | Comments(0)

もっとすこやかに、さらにごきげんに!


by くれはる
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31