NEW POST

「カレーなる活動記録」。すてきな贈り物をもらったのです。

b0336361_23254663.jpg

「くれはるさんこれ・・・」と、ある日差し出された一冊の小冊子。

すてきな贈り物をもらったのです。
いえ、もっと正確には、すてきな贈り物を「作ってもらった」のです。

その名も「カレーなる活動記録」。
わたしたちくれはる&マッキーの活動記録をまとめた「フォトブック」です。
昨年秋からのわたしたちの活動が、この一冊にまるごとにぎゅっと詰まっています。

写真展でコラボしてくれた、川口裕樹さん、鈴木道子さん。
二人がわたしたち二人のために作ってくれた貴重な一冊です。

これまでの各地でのカレーイベントや、古民家での毎月のワークショップ。
フォトブックに収められた写真ひとつひとつを見ていると、不思議なもので
その瞬間瞬間が、ありありと自分のなかに新鮮に甦ります。
あの日の寒さや、緊張でドキドキしていた胸の高鳴りとか。

集まってくださった参加者さんとともに過ごした時間。
現場の空気、自分たちの息遣いまでも、リアルにもう一度蘇ってくるかのようです。

それもこれも、
せっせとイベントやワークショップに足を運んでくれたヒロキさん、道子さんが
いつもわたしたちのそばにいて、カメラとともに静かに見守ってくれていたからこそ。

そう、どんなにテクノロジーがあれこれ進化しても、
その目でその瞬間を切り取る、「撮る人」が「そこ」に存在しない限り
写真は一枚だって、後には残りません。
当たり前だけど、これはとってもすごいことです。

そもそもイベント現場を回している間、当事者である私たちは、まったく写真を撮ることはできません。

ヒロキさん道子さんが近くにいて、こうして暖かい目線でコツコツ記録してくれた写真は、
わたしたちにとって「ものすごく貴重な記録」です。

仲間がそばにいてくれる、その喜びと幸せ。
改めてそれを身にしみて実感する「すてきな贈り物」でした。

ヒロキさん、道子さん、本当にありがとう。
写真展の前の忙しい時期に、わたしたちのためにフォトブックにまとめてくれた
その気持ちがありがたくて、何度も繰り返し眺めています。

わたしもいつか、こんなすてきなバトンを、誰かに渡せるようになりたいものです。



b0336361_23261773.jpg

b0336361_23264166.jpg

b0336361_23271361.jpg
フォトブック「カレーなる活動記録」
写真&製作:
川口裕樹さん(ブログ
鈴木道子さん(ブログ


お家でできる、アーユルヴェーダのセルフメンテナンス法を、
毎回「実習」つきでご紹介しています。


じぶんでできるじぶんメンテナンス*
アーユルヴェーダワークショップを開催!

9/27(日)は、古民家で、スパイスを使った「消化剤」をつくります。

詳細はこちら

9/26(土)は、代官山で「オイルうがい実践WS」です。

どちらもお申し込み受付中!
お待ちしています。



by kureharu | 2015-09-13 07:07 | レポート(カレー&食&イベント) | Comments(0)

もっとすこやかに、さらにごきげんに!


by くれはる
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31