NEW POST

【今日は食べる人】アーンドラ・キッチン(御徒町)

アーンドラ・キッチン(御徒町)

隠れた?(隠れてないか)南インド料理の聖地。御徒町。
個人的に注目のエリアです。
お気に入りのここ(ベジハーブサーガ)に続いて、本日はこちら。

平日の夜、予約もなくぷらりと訪れましたところ、客層の半分がインド人グループ。
日本人はみな、ミールスマニアっぽいお一人様(笑)

b0336361_14185655.jpg
店名にもなっている、アーンドラ・プラディーシュ州。
南インドの東海岸側の州名だそうです。ふむふむ。
情報技術産業の育成に力を入れ、近年IT産業で伸びている州なのだとか。
西海岸側のケララ州とご近所ですね。

南インド料理の定食である「ミールス」
この日はノンベジタリアンのプレート(1,950円)をいただきました。


b0336361_14190128.jpg

この日のメニュー。
写真手前から時計回りに。
パパド(薄い揚げ煎餅)、チャパティ、レモンピックル(漬物的な)、サンバル(豆と野菜のカレー)、
ラッサム(タマリンドと胡椒のすっぱ辛いスープ)、ポリヤル(野菜のココナッツ炒め)、
マトンのカレー、エビカレー、チキンカレー。
まんなかにインディカ米バスマティのごはん。
(サンバル、ラッサム、ライスはおかわりできます)

どれもこれも間違いない。。。
ここは、大変洗練された味のミールスです。

ミールス、混ぜて食べるとおいしいのは当たり前なんですが、
ここのは単独でもおいしいの。

ところで外食でいただく「ラッサム」。
これまであまりその美味しさがわからずにいた私ですが、
ここのラッサムは本当においしい。
ああ、「ラッサム」ってこういうコンセプトのお料理だったんだねぇと、納得できます。



b0336361_14190340.jpg

このメニュー、気づいてつい微笑ましくなった。

「チェフスペサル」って、なにかインドの素材名?かと思いましたが、
ちがいました。

「Chef Special」でした。

わたしの語学だってほとんど似たようなもんだから、ちょっと親近感。

一生懸命書かれた感じが伝わります。

日本のインド料理やさんで働くインドの人たちは、おしなべてみなパワフルです。
営業時間も長いし、年中無休のところも多い。
お盆や正月など、日本人の多くが休む時も休まずに営業していたりする。

日本語なんかできようとできまいと、それでもひるまず堂々と、
さらに明るく、あっけらかんと接客されることが多いので、
行くとなんだか元気が出ます。

「日本人も負けんなよぉ〜〜!」と、どこかで言われているような気がします。
そんなインド人パワーも、おいしいごはんの大事なスパイス。

暑気払いです。


アーンドラ・キッチン
東京都台東区上野3-20-2
水野ビルB1
03-5818-6564
最寄駅:JR御徒町駅南口、東京メトロ「上野広小路駅」「仲御徒町駅」

月〜金 11:15〜15:00(L.O.14:30)17:00〜23:00(L.O.22:00)
土日祝 11:30〜15:00(L.O.14:30)17:00〜22:00(L.O.21:00)



お家でできる、アーユルヴェーダのセルフメンテナンス法を、
毎回「実習」つきでご紹介しています。


じぶんでできるじぶんメンテナンス*
アーユルヴェーダワークショップを毎月開催!

3rdシーズン決定! 7月〜9月
2015年げんきな夏のすごしかた 編

最新プログラムはこちら

お申し込み受付中!



by kureharu | 2015-07-25 15:03 | 今日は食べる人 | Comments(0)

もっとすこやかに、さらにごきげんに!


by くれはる
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31