NEW POST

【今日は食べる人】ディデアン(蒲田)

ディデアン(蒲田)

蒲田駅東口、なかなかディープな場所にありますが、店内もメニューもとてもクリーン。
スリランカのアーユルヴェーダ料理が、ビュッフェまたはワンプレート形式でいただけます。

b0336361_23215811.jpg

ビュッフェ(90分制)

b0336361_23241037.jpg
テーブルに敷かれたペーパーマットには、アーユルヴェーダの食の解説が記載されています。
これなら初心者でもわかりやすい。

b0336361_23233399.jpg
品数充実のビュッフェ。

b0336361_23234959.jpg
ジャックフルーツのカレー。たけのこやアーティチョークみたい。ほどよい繊維質が楽しい味。

b0336361_23234671.jpg
人参の炒めカレー。この人参の切り方は新鮮な美味しさ。

b0336361_23233821.jpg
いんげんのカレー。食べ飽きないってこういう味

b0336361_23233508.jpg
ナスのカレー。オイルとの相性がぴったり。ぱらっとしたお米によく合います。

b0336361_23240648.jpg
マンルン(キャベツ)。ココナッツを使った蒸し煮。

b0336361_23240183.jpg
ボルサンバル(ココナッツのあえ物)

b0336361_23235823.jpg
ゴトゥコラサンボル(つぼ草のあえ物)。ゴトゥラ(つぼ草)は脳によい、若返りのハーブ

b0336361_05163612.jpg
赤米。ごはんは2種類。

b0336361_05165986.jpg
デザート
手前から時計回りに。ルラン、パヤソン(緑豆と赤米の甘いおかゆ)、サマポーシャ(きなこ玉)
ほっこり優しい甘みです。

b0336361_05171584.jpg
ごく普通のビジネスホテルの一階に、アーユルヴェーダレストラン!



門前仲町で人気のカレー店を営んでいたスリランカ人のシェフ、ディラーニさんが
メニュー監修されたお店だそうです。
(ご本人はすでに帰国)

ごく普通のビジネスホテルの一階にあるレストランがアーユルヴェーダ料理って、
これはもうなんということでしょう!(毎日食べられる!)

訪れたこの日は、平日早めのランチタイムでした。
「アーユルヴェーダ」など、およそ関心なさそうな(?失礼!)ふつうのおじさまたちが、
何人か一人ランチされていて、そこにお店の実力を感じました。

うんちくや知識優先でなく、シンプルに「美味しさ」で人を惹きつけるって素敵です。
それで身体にいいとなれば、なおのこと最高ではないでしょうか。

この日のメニューはベジ8割、ノンベジ2割といった感じでした。
中に幾つかパンチの効いた辛さのものもありますが、全体に優しい味わい。

ランチョンマット替わりに敷かれたペーパーに書かれた、ドーシャ別特徴の解説。
そこに「あれ?」っと何ヶ所か、???
若干齟齬があったりして?(笑)
アーユルヴェーダ好きの人は、行って確認してみてくださいね。

3/1にオープンしたばかり。

アーユルヴェーダキッチンDidean
住所:東京都大田区蒲田5-12-12 アーヴェストホテル 蒲田東口 1F
03-3739-0007
最寄駅:JR蒲田駅、京急蒲田駅
6:00〜14:00
*朝食は前日までに要予約

お店の方によると、当分はモーニングからランチまでの営業。いずれ夜の営業もしたいとのこと。

食べログ


梅雨時対策をやります!

都内古民家で毎月開催中:初心者さんも大歓迎!「はじめてのアーユルヴェーダ*ワークショップ」

6/27(土)11:00〜13:30(終了予定時刻)(受付開始 10:45)
▪️(1)座学:「*梅雨から夏へ〜バテない&負けない、元気な夏のすごしかた」
▪️(2)体験実習:まいにちできるじぶんメンテナンス!ガルシャナ&セルフオイルマッサージ
▪️(3)お茶タイム:リラックス&シェアリング(懇親会)

自然とともに生きるアーユルヴェーダ。
季節の変化を捉え、すこやかに毎日を過ごすための合理的な工夫「季節のすごしかた」があります。
梅雨時と夏のすごし方の違い、大事なポイントを押さえて、ことしは夏バテ&夏疲れなしで
秋まで過ごしませんか?

詳細・お申し込みはこちら


by kureharu | 2015-06-07 08:40 | 今日は食べる人 | Comments(0)

もっとすこやかに、さらにごきげんに!


by くれはる
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30