NEW POST

アーユルヴェーダで「花粉症」対策【その2】

b0336361_07253105.jpg


アーユルヴェーダで「花粉症」対策【その2】です。

前回【その1】は、まず具体的な「アーユルヴェーダの花粉症予防法」
をご紹介しました。

今回はそれが「どんな理由・背景に基づいているか」をお伝えします。

【どういう理由がある?】

人の体質や今の状態を決めている、三つのドーシャ(ヴァータ、ピッタ、カパ)。
これらは、自然の中にも存在し、季節により増えたり減ったりしています。

アーユルヴェーダでは、これら季節の特徴を踏まえ、体調を整える方法、
季節ごとの知恵・工夫があり、それを「季節のすごしかた」と呼びます。

まず、春のひとつまえ、冬からの流れで考えてみましょうね。

まず、冬はとりわけ「ヴァータ」が増える季節です。
「ヴァータ」は、五大元素の「空/風」と繋がっているドーシャです。

そして次のような属性を持ちます。

ヴァータの属性
乾燥、冷たさ、軽さ、動き、粗さ など


「乾燥、冷たさ」などをもたらすヴァータ。
これらはまさに冬の特徴ですよね。

アーユルヴェーダの大きな原則のひとつに

「同じものは同じものを増やし、異なるものは異なるものを減らす」

というものがあります。

言い換えると・・・

乾いたもの、冷たいもの、パサパサ/カサカサ軽いもの

これらのものをたくさん取っていると、
同質を持った「ヴァータ」が、あなたの体に増えてしまいますよということ。

それくらいドーシャは、食べたもの、生活のスタイルなどとリンクして
増えたり減ったりするものなのです。

【ヴァータが増える(乱れる)と、起こること】

疲れやすさ、体力減退、便秘、皮膚の乾燥、痛み、おしゃべり、精神面の不安、不眠、落ち着きのなさ

これらは、ヴァータが乱れた時の主な症状です。

だから、冬のヴァータ対策として必要なのは
これらの反対のもの(異なるもの)を取り入れることもそのひとつ。

【冬のヴァータ対策】

・しっとり油分のあるもの
・温かいもの
・ずっしりした重性のもの(消化に重いもの)
・滋養のあるもの

を取る。体を冷やさない、風に当たらない。乾燥させない。

これが「季節の過ごし方(冬編)」です。(健康な人が対象)
なおこれらは、冬は一年で一番消化力・体力も上がる季節だということとセットです。
アーユルヴェーダは、いつもその人の「消化力(アグニ)」とのバランスを考えます。

ここまでが、まず冬のおはなし・・・・

一方、立春も過ぎた今、春へのモードチェンジが必要になります。
「季節の過ごし方(春編)」へ、さぁページをめくりますよ。



【春のすごしかた&花粉症対策】

冬のヴァータを鎮めるために取ってきた「冬の対策」ですが、
季節が移り、
そのままだと「春のニーズ」とずれ始めるのは、ある意味とても自然なこと。

また冬の間に「重い食物(消化に時間がかかるもの)」の摂取が続いて、
消化に負担をかけていたら、
体内には「あるもの」が溜まっています。

あるもの。
それが「カパ」なのです。

冬の終わりの体内には「カパ」が溜まっている。

カパは五大元素の水/土。
次のような属性を持ったドーシャです。

カパの属性
重さ、冷たさ、柔らかさ、油っぽさ、粘着性、停滞性 など


ずっしり、ひんやり、しっとり、べとべと、どんより・・・・

そんなかんじ。


【カパが増える(乱れる)と、起こること

重さ、倦怠感
・鼻水、痰
・気管支炎
・眠さ
・かゆみ
・つまり感
・消化不良


重くてだるくて眠くてグシュグシュで・・・。
春のそれらは、そう過剰になった「カパ」の仕業です。

さあ、話はやっと花粉症に近づいてきました!!!(笑)

春を迎える前から、コントロールが必要になってくるのが「カパ対策」です。
合わせて春に向かうにつれ、人の「消化力」は徐々に下がり始めます。

じつは前記事でお伝えした、「花粉症予防のために、避けたいこと/おすすめしたいこと」は
まさに「カパ攻略法」だったのです。

「カパ攻略法」
↓↓

最初にお伝えした通り、自然の中にも存在するドーシャ。
春になると、なんと自然の中にも増え始める「カパ」。
そう、外からも中からも「カパ」が増えていくのがつまり春、なのです。

「ヤマザキ春のパン祭り」ならぬ、「THE 春のカパまつり」
ここを「春の基本」と、ひとまず押さえてみてくださいね。

もし、花粉症の症状を制したかったら、「出てきた症状を抑える」のではなく、
それを作り出す背景(カパの増加)にもしっかり目を向けて、
原因を作らない、カパを取り除いていく、
そんなケアをしていく生活が大切です。


具体的な方法はここ。もう一度読んでみてくださいね。



*また「ヴァータの乱れ」がある人は、「ヴァータ」のケアをしながら
「カパ」にも対策をしていく必要があるという、
春先はまさにデリケートな季節です。

【その3】へつづく



アーユルヴェーダで花粉症対策  バックナンバー:

【花粉症対策に重要な、カパ攻略法】
↓↓

【まず、その習慣を止めてみませんか?】
↓↓

アーユルヴェーダで「花粉症」対策【その3】

【春は苦味を摂りましょう】

【鼻うがい習慣を始めましょう】
【忘れちゃいけない白湯習慣】

↓↓


アーユルヴェーダは実践科学
ワークショップ開催中!



by kureharu | 2016-02-17 19:19 | アーユルヴェーダ/花粉症 | Comments(0)

もっとすこやかに、さらにごきげんに!


by くれはる
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28