NEW POST

ココロとカラダを整える。オイルでセルフアビヤンガ

b0336361_19085906.jpg


三連休最後は、アーユルヴェーダでメンテナンスの日にしました。
久々にゆったり時間をかけて、自分でセルフアビヤンガを。
「アビヤンガ」とは、
アーユルヴェーダのオイルを使った全身マッサージです。
私は自宅でも自分でやっています。

私は生まれたときからヴァータ(風のエネルギー)が優勢な体質です。
その分、ほかの二つのドーシャ(ピッタ/火のエネルギー、カパ/水のエネルギー)
よりも、ちょっとしたきっかけでヴァータを乱しやすいのです。
寒さや乾燥、騒音などをきっかけに、乱れやすいヴァータ。
実際に、寒くて乾いているところ、四六時中大きな音が流れるような場所が
人並み以上に苦手です。
状態を見て、今日はヴァータ専用の薬草オイルを使うことにしました。

3つのドーシャは、うまく働くときとそうでないときがあります。
それをうまくコントロールし、個々のドーシャの強みを活かすのが
アーユルヴェーダの考え方。

ヴァータは、うまく働くと熱意があり、明るく快活。
過剰になると、便秘や疲労、痛みを起こしたり、不安がちになったりするのが特徴です。

オイルで自分のヴァータ(風のエネルギー)を整えて、
明日からまた始まる、ウィークデーに備えます。
休み中、ちょっと強い秋の日射しにも当たってしまったので、
ココナッツウォーターを飲みました。
クールダウン効果のあるココナッツ。
カラダにたまったピッタ(火のエネルギー)も解消できそうです。
あとは美白効果のあるサフランのオイルで、日焼け後のお肌のケアも少々。

誰かにやってももらっても、自分でやっても
アヴィヤンガのあとはいつも、私は自分の軸が自分の中心にかえってくる感覚があります。
オイルをしっかり使い、カラダを温めることで、
ヴァータの持つ「乾性」「軽性」「冷性」が、すうっと落ち着いてゆくからでしょう。

今夜はよく眠れそうです。

おやすみなさい…。またあした。


こちらもどうぞ>
アーユルヴェーダで体質を知る〜その1「3つのドーシャ」
アーユルヴェーダで体質を知る〜その2「体質はどう決まる?」




by kureharu | 2014-09-15 20:21 | アーユルヴェーダ/一日のすごしかた

もっとすこやかに、さらにごきげんに!


by くれはる
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31