NEW POST

夏の終わりの体調不良。そして気になる「抜け毛」の原因は?

b0336361_13384017.jpg

「本日有休とります…」


まわりの同僚達が、入れ替わり立ち替わり、体調を崩しています。
特に胃腸をやられている男性、多いですねぇ。
仕事の相談をしに訪ねたら、体調不良で休んでいるというA氏(男性)。
ようやく出勤してきたので聞いてみると、
「もう、胃腸が…。少しでも何か食べると下すんだよー」
そんな状態が一週間近く続いていたとのこと。
すっかり頬がこけていました。

また、外出出張続きのエンジニアBさん(男性)。
ひさびさに社内で逢うと、顔に湿疹を出しているようす。

それらを見て、ああ、今年もホントに夏のおわりが来たのね…。
季節の終わりの哀愁を感じ、遠い目で空を眺めるこのごろ。

あ!気持ちのよい季節になりましたね。
こんにちわ、くれはるです。


夏の終わりの体調不良。そして気になる「抜け毛」の原因は?

のっけから、どっきりタイトルで恐縮です。
この季節、みなさま「抜け毛」気になっていませんか?

抜け毛、消化不良、湿疹…。
この時期の不調、ちょっとアーユルヴェーダ的にチェックしてみましょう。

アーユルヴェーダに於いて、三つのドーシャ(ヴァータ、ピッタ、カパ)は
人間の体質を示すものだけでなく、
自然の中にも存在するものと考えています。
そしてそれぞれ、季節ごとに増えたり減ったり、動いてもいきます。
たとえば強い日差しの照りつける夏は「火と水のエネルギー」であるピッタが、自然の中に増える季節。
一方、夏から秋の初めまで、ヒトの「消化力」「体力」は、一年で最も低い状態に置かれます。

まずは、この前提です。

ちょっと前を少し振り返ってみましょうか。
「夏」という季節の持つイケイケ感に身を任せ、
ついついノリノリな日々を過ごしてしまってなかったか?

強い日射しの元、がんがん陽に当たっての楽しい海や山、外遊び。
夏休みの自由な生活。
盛り上がる夜更かし。
冷たい飲み物や食べ物の、日常的な摂取。
さらにはちょっと夏バテ気味だから、(食欲ないのに)スタミナつけようとか言っちゃって、
がつんと焼肉いっちゃったりとか?

どうでしょうか?

いやはや、あります。あるんですよね。
だって夏は楽しいんだもの…。

で、今頃、なんだか体調を崩してしまった。
どうも抜け毛も増えている?
後悔役に立たず…。

夏の終わりは、乗り越えるのが難しい季節

ポイントはこの二つです。

(1)夏の間、自然の中に増えたピッタは、ヒトのカラダにも徐々にたまっていきます。
(2)消化力/体力は一年で一番下がっています。

夏の終わり・秋のはじまり、まさに今の時期、私たちは気づかぬうちに
まさにピッタを溜め込んでいる状態、消化を弱らせている状態もと言えるのです。

ということで、
夏の終わり=乗り越えるのが難しい季節。

なにが起こるでしょうか?

ピッタが増えると、カラダに起こること。

例)
*カラダやアタマのほてり/熱がこもる。
*頭痛(ピッタ性のもの)
*皮膚のトラブル(炎症、湿疹など)
*出血
*薄毛
*白髪
*イライラ

など。


は、はげちゃうの?
薄毛も白髪も、アーユルヴェーダでは「ピッタ増加」によるものと言われます。
夏のおわりの抜け毛…

もし今の時期思い当たる症状があったら、それは、夏の間に体内にたまった
ピッタの影響かもしれません。
もともとピッタの強い体質の人は、さらに注意も必要です。

■気をつけたいこと


  • これ以上ピッタを増加させない。マイナス要因を止める。

  • たまったピッタを鎮静させる。


[ピッタ対策〜控えたいこと]

*塩味、酸味
*揚げ物
*刺激物
*お酒
*肉類
*強い日差しに当たる

[ピッタ対策〜摂るといいもの]

*ぶどう(皮の黒いもの、種ありのものをアーユルヴェーダでは薦めています)
*梨、桃
*ココナッツオイル、ココナッツウォーター
*「甘味、苦味、渋味」を持つ野菜。ゴーヤや葉野菜など。
*コリアンダー、カルダモン、ターメリック

[消化力のために]

*休養と睡眠
*白湯
*消化のよい温かい食事
*食べ過ぎないこと(腹八分目)

本格的な秋冬に向かう前の、メンテナンスモード。
夏服を手入れしてしまうのと同じように、自分のカラダにも気を配ってあげましょう。
会社のトイレの鏡で、薄毛が気になるサラリーマンのみなさま。
その「激辛とんこつラーメン」
できればちょっと控えめに(笑)

そして「白湯飲み」でデトックス。オススメいたします。


■よろしかったらこちらもどうぞ♡

実践編 お白湯をのみましょう/アーユルヴェーダで「お盆の食べ過ぎメンテナンス」vol.2


*食材は組み合わせなどにより、一部効果が異なる場合があります



by kureharu | 2014-09-23 22:47 | アーユルヴェーダ/季節のすごしかた | Comments(0)

もっとすこやかに、さらにごきげんに!


by くれはる
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31